長澤まさみの画像ブログ

スポンサードリンク

長澤まさみの画像について

このブログ内の長澤まさみちゃんの画像についてですが、画像はご自由に持ち帰っていただいて結構です。

しかし、ブログ内の画像はあくまでも個人で楽しんでいただくためのものであり、著作権・肖像権は長澤まさみさん本人及び、所属事務所に帰属しております。


画像の悪用等は決して行わないようにしてください。


SEO対策:長澤まさみ

長澤まさみ プロフィール

長澤まさみ(ながさわ・まさみ)

生年月日:1987年6月3日
職業:女優
出身地:静岡県磐田市出身
所属事務所:東宝芸能所属
最終学歴:堀越高校卒業
サイズ:身長168cm、体重43kg
血液型:A型
愛称(ニックネーム):まぁちゃん、まっさん、まさみちゃん


<プロフィール>

【長澤まさみの人物】
長澤まさみの父は元サッカー日本代表MFで、ジュビロ磐田初代監督としてJリーグ昇格に貢献し、現常葉学園橘高サッカー部監督の長澤和明。

長澤まさみ本人は小さい頃サッカーが嫌いだった(父は普段は穏やかだがサッカーの事になると大変な熱血漢に変貌してしまうので、それが影響したようである)が、第84回全国高等学校サッカー選手権大会に初出場した常葉学園橘高のサッカー部員へミサンガを送り、実家に帰郷した際7年ぶりに試合の応援に姿を見せたらしい。

映画「世界の中心で、愛をさけぶ」の撮影が主に香川県で行われたため、長澤まさみは2004年11月に「香川かがやき大使」に就任。2005年8月29日〜11月20日まで(実際は20日は広告撤去で稼動しなかったため、11月19日まで)香川県をPRする広告電車「キラキラ輝け!香川にタッチ。」が山手線で運転された。

山手線で運行されていた「キラキラ輝け!香川にタッチ。」皺が多い。これについては長澤まさみ本人も認識しており、「笑うと奴らは至るところに出てくる」 と長澤まさみ自身のHPで語っているが、「チャームポイントの一つだと思っている」とも述べている。


●長澤まさみは少し舌足らずだが、独特なゆっくりとした話し方で、非常に可愛らしい声の持ち主。

●長澤まさみはスレンダーで脚が長く長身。兄も身長が190センチ以上あるらしい。

●長澤まさみは女優としての活動が本格化してからは(メディアではなく、肌の)露出が少ないため目立たないが、実はかなりの巨乳。2003年に発売された最後の水着写真集『Summertime Blue』では豊満なバストを披露している。自身のバストの大きさについては自覚があるらしく、前述の写真集の発売直前インタビューが掲載された『学研BOMB 2003年10月号』のBODY checkのコーナーでは、「まぁ、お母さん譲りでおっきいほうかなぁ、と」と語っている。

●長澤まさみの理想の男性は、自分と目線が同じくらいの人。これは価値観が似ているという意味ではなく、文字通り「背の高さが一緒」という意味。綺麗な靴を履いて夜の公園を散歩するのが夢。

●長澤まさみが日本テレビ系列の番組「いまあま」の「ラフ」特集に出演した際、番組出演者のキャイ〜ンのうちウドと天野ひろゆきのどちらがいいかと聞かれ、ウドを指名した。悔しがる天野は、その後のリベンジしたが、「ウドさん!、・・・ウドさん。」と即答で答えた。

●長澤まさみが東宝「シンデレラ」オーディションに応募したきっかけは、母親とその友人が優勝賞金100万円にひかれたため。なお、グランプリをとった際、自身は賞金の使い道(何を買おうかなど)をいろいろと考えたが、賞金の使い道は母が決めたため、本人は使っていない。その後、親孝行と考えたものが、「流石にがっかりした」と「メレンゲの気持ち」に出演した際、語っている。

●長澤まさみが今までにやった『一番悪いこと』は、高校時代、授業中先生の目を盗んで友達とイヤホンを分け合い、BUMP OF CHICKENの曲を聴いたこと。
スキマスイッチの大ファン。



【長澤まさみの経歴】
家族ぐるみでの交際があった生田智子(中山雅史夫人)の勧めで、第5回(2000年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募。
35,153人の中から史上最年少の12歳でグランプリに選ばれ、芸能界入り。同年公開の『クロスファイア』でスクリーンデビュー。
後年、長澤まさみ本人は「シンデレラになったらすぐに有名女優になれるのかと思っていた」と語っている。その後ティーン雑誌「ピチレモン」の専属モデルとなる。


2003年には『ロボコン』に出演。長澤まさみ自身、初主演作品でもあるこの作品は、やる気のない女子高専生が、ロボコンと呼ばれる大会を通じて自立していくという青春映画。
この作品により、第27回日本アカデミー賞新人俳優賞等を受賞。長澤まさみは「この映画を通じて演技に目覚めた」とのことで、今もなお最も好きな作品に挙げている。


同年公開のゴジラシリーズ第27作『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』(興行収入13億円)では、同じ第5回東宝シンデレラ出身の大塚ちひろ(審査員特別賞)と小美人役で共演、翌年のシリーズ最終作『ゴジラ FINAL WARS』(興行収入12億6000万円)でも同じ小美人役で大塚と共演し、話題を呼んだ(『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』のサウンドトラックCDには、大塚と2人で歌った「モスラの歌」が収録されている)


2004年にはスマッシュヒット映画『世界の中心で、愛をさけぶ』に出演。白血病で逝く薄命の少女役を演じる。この作品により、長澤まさみは史上最年少で受賞した第28回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞など多数の賞を受賞し、若手演技派女優としての評価を確固たるものとした。なお、この映画は興行収入85億円を上げ、同年の実写日本映画1位にもなり「社会現象」と呼ばれた。


その後『深呼吸の必要』を経て、『タッチ』『ラフ ROUGH』に主演した。最新の長澤まさみ主演作『涙そうそう』は『世界の中心で、愛をさけぶ』以来の本格的なドラマでもあり、大きな注目を浴びている。


日本映画黄金時代を彷彿させる、映画会社専属女優という稀有な存在であり、テレビへの出演はCMが中心であるのだが、2005年には各方面で話題を呼んだ『ドラゴン桜』に、2006年には大河ドラマ『功名が辻』に出演。同年秋には、かつては薬師丸ひろ子が主演して話題となった『セーラー服と機関銃』の連続ドラマ版に主演し、同名主題歌を「星泉」名義で発表する。


2006年3月にはオリコンスタイルにて「今最も輝いている女優」ランキングで長澤まさみが1位を獲得。また、映画雑誌「キネマ旬報」では「長澤まさみは若手映画女優でトップに位置する」とも評された。


各方面でどんどん飛躍を続ける長澤まさみちゃん。
皆さんで長澤まさみちゃんを応援しましょうね!
タグ:長澤まさみ

長澤まさみの画像1

長澤まさみの画像1

ドラマ・映画・CMと大活躍中の長澤まさみちゃんの画像です。


長澤まさみちゃんに対する熱い思いやメッセージなど、色んなコメントをお待ちしています。

これからもますます活躍が期待される長澤まさみちゃんをみんなで応援しましょう!
タグ:長澤まさみ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。